プログラム

特別講演1 「グレリンの基礎と臨床応用」

7月5日(木)14:00~15:00
座長:森  正樹(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学)
演者:寒川 賢治(国立循環器病研究センター)

特別講演2 「アディポネクチンの新しい側面」

7月6日(金)11:10~12:10
座長:奥山 宏臣(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座小児外科学教授)
演者:下村 伊一郎(大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学教授)

JSSMN・KSSMN Joint Symposium

7月5日(木)16:00~17:00
座長:Jae-Moon Bae(KSSMN President, Department of Surgery, Samsung Medical Center,Sungkyunkwan University School of Medicine)
コメンテーター:小谷 穣治(神戸大学大学院医学研究科外科系講座災害・救急医学分野)

  • KS-1 Oral Nutritional Supplements (ONS) Can Prevent Body Weight Reduction after Gastrectomy?
    Yasuhiro Miyazaki(Department of Gastroenterologial Surgery, Osaka University)
  • KS-2 What Surgeon Can Do for Improving Patient Care?
    Ho-Seong Han(Department of Surgery, Seoul National University Bundang Hospital, Seoul National University, College of Medicine)
  • KS-3 Development of Perioperative Glycemic Control Using an Artificial Pancreas and Surgical Diabetes Treatment
    Kazuhiro Hanazaki(Department of Surgery 1, Kochi Medical School, Kochi University)
  • KS-4 Hyuk-Joon Lee(Department of Surgery and Cancer Research Institute, Seoul National University College of Medicine)

体液代謝管理研究会・日本輸血細胞治療学会ジョイントシンポジウム

7月5日(木)11:00~12:00
座長:福島 亮治(帝京大学医学部外科学講座)
コメンテーター:嶋津 岳士(大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター)

  • BS-1 外科領域におけるアルブミン製剤の適正使用に向けて
    浦川 真哉(大阪大学大学院外科学講座・消化器外科学)
  • BS-2 エビデンスに基づいたアルブミン製剤の適正使用について
    安村 敏(富山大学附属病院検査・輸血細胞治療部)
  • BS-3 麻酔科医からみた周術期輸液療法の考え方
    辛島 裕士(九州大学大学院医学研究院麻酔・蘇生学)

アミノ酸学会ジョイントシンポジウム

7月6日(金)10:30~11:30
座長:加藤 久典(東京大学大学院農学生命科学研究科)
コメンテーター:和佐 勝史(大阪大学医学科教育センター)

  • AS-1 癌支持療法としてのアミノ酸シスチン・テアニンの有用性について
    土屋 誉(仙台市医療センター仙台オープン病院外科)
  • AS-2 血漿アルブミン酸化還元動態とタンパク質栄養
    桑波田 雅士(京都府立大学大学院生命環境科学研究科栄養科学)
  • AS-3 サルコペニア対策におけるアミノ酸の役割
    小林 久峰(味の素株式会社アミノサイエンス事業本部アミノサイエンス統括部開発グループ)

ESSENSE ミニシンポジウム

7月5日(木) 11:00~12:00
座長:海堀 昌樹(関西医科大学外科)
コメンテーター:宮田  剛(岩手県中央病院消化器外科)

  • EMS-1 当科におけるERAS プロトコールおよび鎮痛対策の現状
    石崎 守彦(関西医科大学肝胆膵外科)
  • EMS-2 膵頭十二指腸切除術に対する多角的疼痛管理の導入と効果
    眞次 康弘(県立広島病院栄養管理科)
  • EMS-3 大腸切除術翌日から食事提供を開始するERAS プロトコールにおけるPONV 対策と課題
    真貝 竜史(大阪府済生会千里病院外科)

シンポジウム1 「エンドポイントを見据えた前向き栄養介入研究」

7月5日(木) 9:00~10:45
座長:瀬戸 泰之(東京大学大学院医学系研究科消化管外科学)
コメンテーター:瀧口 修司(名古屋市立大学大学院医学研究科消化器外科学)

  • S1-1 食道切除術がサルコペニア患者の術後早期の筋量、筋力、身体機能に与える影響:前向きコホート研究
    錦織 達人(京都大学消化管外科、2)京都大学疾患栄養治療部)
  • S1-2 Oral Nutritional Supplements による胃全摘後の体重減少抑制効果
    畑尾 史彦(東京都立多摩総合医療センター外科)
  • S1-3 肝胆膵外科手術における術前の運動と栄養療法の導入が与える効果
    中島 裕貴(名古屋大学医学部附属病院リハビリテーション部)
  • S1-4 術後合併症抑制を目指した高度侵襲手術に対する周術期栄養バンドル管理
    土師 誠二(宝塚磯病院)
  • S1-5 術前サルコペニアを有する高齢者胃癌患者に対する術後アウトカム向上を目指した術前栄養・運動介入の試み
    福田 泰也(大阪大学大学院消化器外科学)
  • S1-6 膵癌に対する術前治療におけるEPA 含有栄養補助剤の有用性に関する前向き比較試験
    秋田 裕史(大阪国際がんセンター外科)

シンポジウム2 「高齢者に対する栄養・運動介入」

7月6日(金) 14:40~16:25
座長:東口 髙志(藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座)
コメンテーター:矢野 雅彦(大阪国際がんセンター消化器外科)

  • S2-1 高齢者に対する胸部食道癌術後早期回復プログラム
    佐藤 弘(埼玉医大国際医療センター消化器外科)
  • S2-2 食道切除術におけるセルフプログラムリハビリテーションの実施と術前サルコペニアが身体機能改善に及ぼす影響
    藤田 武郎(国立がん研究センター東病院食道外科)
  • S2-3 高齢者肺がん手術におけるチームアプローチによる術前包括的呼吸リハビリテーションの術後合併症発生への効用
    山下 芳典(呉医療センター・中国がんセンター呼吸器外科)
  • S2-4 高齢者とTG、PG 症例に対する胃癌周術期リハビリテーションにより胃癌術後6日目退院パスは導入可能
    山本 和義(大阪国際がんセンター消化器外科)
  • S2-5 Serious Changes of Weight and Body Composition after Gastrectomy in the Elderly Gastric Cancer Patients
    青山 徹(横浜市立大学外科治療学)
  • S2-6 高齢者(80 歳以上)の肝胆膵領域癌手術症例に対する周術期リハ栄養
    内田 洋一朗(田附興風会医学研究所北野病院消化器センター外科)
  • S2-7 高齢者肝癌切除術における高齢者総合機能評価を用いた術前栄養状態の意義
    海堀 昌樹(関西医科大学外科)

ワークショップ1 「What is the Best Reconstruction for Nutrition?」

7月5日(木)15:00~16:00
座長:小山  諭(新潟大学大学院保健学研究科)
コメンテーター:大平 雅一(大阪市立大学大学院腫瘍外科)

  • WS1-1 食道切除後胃管再建時の胃管Roux-en-Y 再建術
    杉村 啓二郎(大阪国際がんセンター)
  • WS1-2 当科での食道癌手術再建方法の成績 -手術の安全性と術後のQOL -
    田中 善宏(岐阜大学腫瘍外科)
  • WS1-3 上部早期胃癌に対する術後栄養状態からみた噴門側胃切除観音開き法再建の有用性
    磯崎 正典(がん研有明病院消化器外科)
  • WS1-4 膵頭十二指腸切除術のBest Reconstruction:Roux-Y 再建(食物・胆汁膵液通過路分離法)の利点と欠点
    高本 健史(日本赤十字社医療センター肝胆膵・移植外科)
  • WS1-5 術後胃排泄遅延予防を目的とした膵頭十二指腸切除術の再建における胃空腸端側手縫い吻合の有効性
    宗景 匡哉(高知大学医学部外科学講座外科1)
  • WS1-6 膵頭十二指腸切除後再建(膵胃吻合と膵空腸吻合)における胃排泄遅延の比較検討
    岩上 佳史(大阪大学大学院消化器外科学)

ワークショップ2 「癌支持療法としての新しい試み」

13:30~14:30
座長:竹内 裕也(浜松医科大学外科学第二講座)
コメンテーター:馬場 秀夫(熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学)

  • WS2-1 食道癌術前化学療法時の経管栄養による栄養支持療法の安全性
    尾形 高士(神奈川県立がんセンター消化器外科)
  • WS2-2 膵頭十二指腸切除術施行例における術前化学放射線療法中のシンバイオティクス投与の有用性
    友國 晃(大阪国際がんセンター外科)
  • WS2-3 がん化学療法施行時における口内炎対策としてのグルタミンを用いた栄養支持療法
    石井 要(公立松任石川中央病院外科)
  • WS2-4 がん支持療法における魚油高配合免疫栄養療法の有用性と、iPad を用いた遠隔在宅食事支援システムや栄養教育入院プログラムの開発
    奥川 喜永(三重大学大学院消化管小児外科学講座
  • WS2-5 周術期口腔ケアによる大腸癌術後の手術部位感染(SSI)および術後イレウスに対する予防効果
    延原 浩(県立広島病院歯科・口腔外科)
  • WS2-6 睡眠時間と運動量が化学療法後好中球減少に与える影響
    原 敬介(日本医科大学消化器外科)

ワークショップ3 「エンドポイントを見据えたNST による介入」

7月6日(金)13:30~14:30
座長:比企 直樹(公益財団法人がん研究会有明病院消化器センター)
コメンテーター:吉田 和弘(岐阜大学腫瘍外科)

  • WS3-1 重症病態に対するNST 活動における管理栄養士が果たす役割
    田部 大樹(社会医療法人近森会近森病院栄養サポートセンター)
  • WS3-2 エンドポイントを見据えたがん患者症状推移の予測―脹脛径の変化率を用いた試み
    桂 長門(藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座)

  • WS3-3 食道癌術後合併症減少をエンドポイントとしたNST 介入の効果
    鍋谷 圭宏(千葉県がんセンター食道・胃腸外科)
  • WS3-4 急性期脳卒中患者へ早期低栄養特定と集学的栄養アプローチによる機能回復との関連性:後ろ向き研究
    熊谷 直子(横浜市立脳卒中・神経脊椎センターNST)
  • WS3-5 エビデンスに基づいた胃癌術後回復強化のための周術期管理~当科における取り組み~
    窪田 健(京都府立医科大学消化器外科)
  • WS3-6 当院入院患者に対するNST 栄養サポートの現状と課題
    朝川 貴博(社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院栄養支援管理部)

International Session of Travel Grant

7月5日(木)16:30~17:00
座長:鍋谷 圭宏(千葉県がんセンター食道・胃腸外科)
コメンテーター:深柄 和彦(東京大学医学部付属病院手術部)

  • TG-1 Impact of Severe Malnutrition Assessed by Composite Index on In-hospital Mortality after Surgery for Intestinal Perforation
    Seung-Young Oh(Department of Surgery, Seoul National University College of Medicine)
  • TG-2 Effect of intervention for quality improvement of nutritional therapy in critically ill patients
    Keesang Yoo(Department of Surgery, Division of Acute Care Surgery, Samsung Medical Center, Sungkyunkwan University School of Medicine, Korea)

メディカルスタッフセッション1 

7月5日(木)13:30~14:10
座長:鍋谷 圭宏(千葉県がんセンター食道・胃腸外科)

メディカルスタッフセッション2 「エンドポイントに対する実践的な介入方法」

7月6日(金)11:30~12:10
座長:田附 裕子(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座小児成育外科学)

要望演題1 「小児外科領域における外科侵襲・代謝栄養研究」

7月5日 木 15:30~16:30
座長:増本 幸二(筑波大学医学医療系小児外科)
コメンテーター:土岐  彰(昭和大学外科学講座小児外科学部門)

要望演題2 「癌治療における予後影響因子とスコア(外科侵襲・代謝栄養マーカー)」

7月6日(金) 9:30~10:30
座長:木村  理(山形大学大学院医学研究科医学専攻外科学第一講座)
コメンテーター:今村 博司(市立豊中病院外科

要望演題3 「重症感染症に対する至適栄養管理とは?」

7月6日(金) 9:30~10:30
座長:掛地 吉弘(神戸大学大学院食道胃腸外科)
コメンテーター:花崎 和弘(高知大学医学部外科学講座外科1

一般演題

ポスター発表

ランチョンセミナー1 「胃癌術後補助化学療法を改めて考える~患者さんにSurvival Benefitを届けるために~」

7月5日(木)12:20~13:20
座長:北川 雄光(慶應義塾大学医学部外科学)
演者:今村 博司(市立豊中病院外科)
共催:大鵬薬品工業株式会社

ランチョンセミナー2 「経腸栄養の食後高血糖を捉える-FGMによって明らかにされた医原性血糖変動への提言-」

7月5日(木)12:20~13:20
座長:森 正樹(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学)
演者:森 豊(東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝内分泌内科)
共催:アボット ジャパン株式会社

ランチョンセミナー3 「がん集学的治療における栄養療法の臨床的意義―サルコペニアへの対策を中心に」

7月6日(金)12:20~13:20
座長:吉田 和弘(岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野)
演者:青山 徹(横浜市立大学外科治療学教室一般外科)
共催:株式会社大塚製薬工場・イーエヌ大塚製薬株式会社

ランチョンセミナー4 「胃がん大腸がん化学療法の新しい治療戦略―ここが気になる!! 最適なシークエンスを目指して」

7月6日(金)12:20~13:20
座長:馬場 秀夫(熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学)
演者:佐竹 悠良(関西医科大学附属病院がんセンター)
共催:日本イーライリリー株式会社

ランチョンセミナー5 「胃切除後障害への挑戦~体重減少をエンドポイントとして~」

7月6日(金)12:20~13:20
座長:比企 直樹(公益財団法人がん研究会有明病院消化器センター)
演者:木村 豊(近畿大学医学部上部消化管外科)
共催:EA ファーマ株式会社

モーニングセミナー 「食道がん術後QOL向上にむけて ~逆流性食道炎を中心に~」

7月6日(金)8:30~9:30
座長:藤原 義之(鳥取大学医学部病態制御外科学)
演者:山﨑 誠(大阪大学大学院医学系研究科消化器外科学)
共催:アストラゼネカ株式会社・第一三共株式会社

教育セミナー 「消化器がん治療における漢方の役割」

7月6日(金)13:30~14:30
座長:掛地 吉弘(神戸大学大学院外科学講座食道胃腸外科学分野)
演者:高橋 剛(大阪大学大学院医学系研究科外科系臨床医学専攻外科学講座消化器外科学)
共催:株式会社ツムラ